テレビドラマの話が多いですが、他にアニメ、ゲーム、コンピュータ、格闘技等、様々な話題を取り上げます。

まとめサイトの悪質性

スポンサードリンク

2日前だったかな。ツイッターを見ていたら、トレンド1位が「JK炎上」になっていたんですよ。

何事かと思ってさらに見てみると、とある女子高生が免許を取ってバイトでお金を貯めて車を買ったと。

どこに炎上する要素があるのか不思議だったのですが、その女子高生のツイート自体は削除されており(アカウントも削除したと言われている。今探しても見つからない。)、仕方ないのでこれに言及した他者のツイートを見てみると、以下のようなコメントがついた(と言われていた)らしいのです。

(小フォントでグレーの部分は、個人的な感想です。)


・高校生が免許を取るな

校則で禁止されている学校もあるかもしれないが、地方は車が無いと会社にも行けないので、高卒で就職するなら免許は必須。何がいけなくて免許を取るなと言っているのか不明。

・免許取得費用など、親に出してもらっただろ

出してもらっちゃいかんのか? 確かに、自分でバイトで稼いだお金で取るほうが偉いとは言えるかもしれないが。

・高校生がバイトするな(勉強しろ)

(言った人間は別なのだろうが)上の項目と矛盾してしまう。バイトするな、親に出してもらうなと言ったら、どうやって就職に必要な免許を取るのか? バイトと勉強を両立させる子だっている。

・偏差値低そう(勉強しろ)

憶測以外の何物でもない。

・顔隠すなブス

同じく憶測。そして、出したら出したでブスだって言うくせに。あんたらみたいなのがいるから出さないんだよ。(ネットに顔を出さないほうがいい理由はそれだけじゃないけど)

・初心者マークをつけるな。そんなやつは運転が下手に決まっているから迷惑

免許取得から1年間は付ける義務があるのだが? そして、自分は最初から上手かったとでも言いたいのかな?

・軽自動車でしかも中古

何がいけない? 身の丈に合っていてむしろ好感が持てるではないか。 そしてこれまた、自分は良い車に乗っていると言いたいだけでは?

 

と、ここまで「こんなことが言われていた”らしい”」という話を説明してきたのですが、実際には、元々の女子高生のツイートにはそんなリプはほとんどついていなかったらしいのです。

つまり、(少なくともツイッター上では)「炎上した」ということ自体がデマだったのです。

 

では、そんなデマはどうやって生まれたのかというと、やっぱりという感じなのですが、「まとめサイト」の仕業だったらしいのです。(該当の記事を直接確認はしていません。しない理由は最後のほうに書きます。)

 

まとめサイト」はこれまでにも無数の問題を起こしています。その詳細に触れたら大変な量になるので、ご興味があればこちら等でご覧ください。

 

最近はツイッターまとめサイトもありますが、最初は匿名掲示板「2ちゃんねる(現在の5ちゃんねる)」から発言を拾ってまとめたものが主流でした。

2(5)ちゃんねる匿名であるのをいいことに、根拠のないことや暴言などが次々と書き込まれる傾向にあります。そのような発言の中から、特に過激なものを拾ってきて、ときには元の話とは全く違うセンセーショナルなタイトルをつけて、記事としてアップします。

何故そんなことをするのか? アフェリエイト収益を上げるためです。

(※今回の場合も、5ちゃんねるの中では炎上?していたのかもしれません。しかし、本人の目の届かないところでウダウダ言っているだけなら放っておけばいいものをまとめサイトが記事にし、それをツイートする人が現れ、それはおかしいと女子高生を擁護するコメントが殺到し、どんどん話題として大きくなる。ソースを確認しようと思った人がまとめサイトにアクセスする。運営者儲かる。ということだったわけです。)

 

アフェリエイト自体は私も利用していますし、悪いことではありません。

しかし彼らは「収益を増やすためならデマ・捏造など何でもする」というところが悪質と言わざるを得ません。

そのようにして、大手のところは数千万の収益を得ているとも言われています。

 

事実だけをまとめるのなら問題ない(むしろ便利かもしれない)でしょう。

しかし、私が知っている人でフリーランスで仕事をしている方が実際にこのようなサイトによって憶測の批判記事を書かれ、仕事に支障をきたしたことがあるということもあって、匿名掲示板の根拠のない発言を組み合わせて事実無根の記事を掲載し、それで金儲けをしているというのは、私は許すことが出来ません。

このようなサイトには1PVたりとも貢献したくないので、「その類のサイトだな」と思ったら見ないようにしているのです。

 

長い間ネットを利用されている方はとっくにご存じだった話かもしれませんが、この手のサイトが現在も稼働しているということは、閲覧している人がまだまだ多いということなのでしょう。(ツイッターでも、そういう記事へのリンクが貼られたツイートがたくさんRTされていますしね。)

見ることは自由ではありますが、内容は鵜呑みにしないようにしてほしいなと思います。