テレビドラマの話が多いですが、他にアニメ、ゲーム、コンピュータ、格闘技等、様々な話題を取り上げます。

テレビドラマ 『わたし旦那をシェアしてた』

スポンサーリンク

www.ytv.co.jp

 

今期自分が観る新ドラマとしては1発目になりますか。

 

「私は形にはこだわらない」と言って、男性(平山浩行)と事実婚生活をしていた主人公(小池栄子)。

しかしある日突然、その夫が殺されてしまう。

駆けつけた病院には、「妻」だという女が他に2人(りょう、岡本玲)も現れ・・・ (^-^;)

子供もいる3つの家を渡り歩いて、そのいずれでもちゃんと父親らしくして、それぞれ別の誕生日を設定していたという・・・なんて器用な男なんだw (平山浩行はゲス男の役が似合いますな)

 

夫の知り合いで事件の捜査をしているという女刑事から、彼の手帳には3人の女の氏名住所が「妻1」「妻2」「妻3」として書かれていたと聞かされる。そこで、

 「私が”1”ですよね?」

と問い詰める女たち。

 刑事「順番はどうでも・・・」

 3人「よくない!!!」

(笑)

 

3人とも結婚式は挙げていないが、1人はハワイでウェディングドレスを着て写真を撮ったと。もう1人はグアムで同じくウェディングドレスを。

もう1人が、「なんで! なんで私だけ日本!?」と言って和装姿の写真を見せたりw

 

夫は3億円の遺産を残していて、「事実婚をしていた人に相続させる」と。

そしてなぜか、3人はシェアハウスで2ヶ月間同居するように指示されていた。

3億円を誰に渡すかは、シェアハウスの管理人(夏木マリ)が、最も愛されていた女を見極め決めると言う。

 

夫はなぜ殺されたのか?

男がついていた「10の嘘」とは?

男が交際していた女は、3人だけではなかった??

3億円を受け取る権利を主張しながら、3つの家族はどう関わっていくのか。

なかなか面白いドラマが始まりました。