テレビドラマの話が多いですが、他にアニメ、ゲーム、コンピュータ、格闘技等、様々な話題を取り上げます。

テレビドラマ『あなたの番です』(2) 第1章振り返りと今後の予想

スポンサードリンク

www.ntv.co.jp

 

現在放送中のドラマについて世間的に話題になっていることはいくつかありますが、6/16(日)に放送された『あなたの番です』の第1章最終話に関することもその1つでしょう。

今日はその『あなたの番です』第1章を簡単に振り返り、現時点での真犯人予想などについて書きたいと思います。

(以下ネタバレになりますので、未見だけどHuluなどでこれから観てみようと考えておられる方は、もしかしたら読まないほうが良いかもしれません。)

 

---------------------------------------

 

 第1話

 マンション管理人の床島(竹中直人)が住民会にて、「誰でも、あいつ死んでほしいなくらいに思っている人はいるだろう? その人の名前を紙に書いて交換し、受け取った人だけが見るゲームをしよう」と言い出し、住民たちはそれを実行する。その夜、床島が屋上から転落し死亡。

 

第2話

 ゲーム当日に早速死人が出たことで住民たちは不安に。医師の藤井(片桐仁)は紙に学生時代の同期である山際の名前を書いたが、その山際が死んだというニュースが流れる。そして藤井の元には「あなたの番です」と書かれた週刊誌が届く。

 

 第3話

 藤井が受け取った紙に書かれていたのは「タナカマサオ」という知らない名前だったが、後にそれはシンイー(金澤美穂)がバイトする飲食店の店長だということが判明し、彼はガス爆発で死亡する。そして今度はシンイーの元に「あなたの番です」と書かれた包丁が・・・

 

第4話

 浮田田中要次)は、”自分が引いた”紙に書かれていたのは「赤池幸子」だと言う。赤池幸子は赤池吾朗の母だが、その後、赤池吾朗・美里夫妻が殺され、赤池幸子はその現場で頭部にビニール袋を被せられ放置されていた。

 

第5話

 浮田は、”自分が書いた” 名前は「赤池美里」だと告白する。しかし当然ながら殺したのは自分ではないと。

一方、久住(袴田吉彦)は”自分が書いた”名前は、(このドラマの中の世界に存在する)俳優の「袴田吉彦」だと言う。(ややこしいw)

そして「袴田吉彦」は何者かに撲殺される。不安になった久住は、”自分が引いた”紙に書かれていたのは「細川朝男」だと告白する。細川朝男は、菜奈(原田知世)がまだ籍を抜いていない夫だった。

※菜奈と翔太(田中圭)は結婚の約束をして一緒に暮らしていたが、まだ婚姻届は出していなかった。菜奈は朝男と籍を抜けていないことを翔太に言えないでいたのだった。

 

第6話

 久住の元には、やはり「あなたの番です」と書かれた紙が届く。

一方住民会では、澄香(真飛聖)は「児嶋佳世」と書き、洋子(三倉佳奈)は自分自身の名前を書いたと申告する。

赤池夫妻殺害事件で警察に疑われている浮田の元にも「あなたの番です」と書かれた紙が届く。

さらに、児嶋佳世の夫・俊明のところには、佳世の足が入ったゴルフバッグが届く・・・

 

第7話

 浮田は妹尾(大友花恋)と柿沼(中尾暢樹)を連れて、妹尾の実父である西尾が営むリサイクルショップを訪ねるが、そこで何者かに殺される。

一方、久住は度重なる脅迫に耐えられなくなり朝男を殺すが、自身も重傷を負って意識不明になってしまう。

 

第8話

 田宮(生瀬勝久)は、自分が書いたのは銀行に勤めていた頃の部下「甲野貴文」で、引いた紙には「ゴミの分別ができない人」と書いてあったと翔太に打ち明ける。

今度はその甲野という人が狙われると考えた翔太と菜奈は彼を護ろうと訪ねるが、甲野は翔太の目の前で死んでしまう。

 

第9話

 木下(山田真歩)が手に入れた紙には「302号室の人」と書かれており、それは菜奈と翔太を意味していた。しかし菜奈は、その紙は交換殺人ゲームで書かれたものではなく、清掃係を決める時に書かれたものだと言う。

早苗(木村多江)を疑っていた翔太は、外出しようとする早苗の隙をついて部屋に入り、奥に隠し部屋を見つける。そこには、拘束された黒島と、見たこともない少年がいた。

翔太は黒島を助けようとするが、早苗にアイスピックで刺され、隠し部屋に閉じ込められてしまう。

 

第10話

 隠し部屋に監禁されていた少年は早苗の息子だった。

脱出のために部屋の中を探っていた翔太たちは、クローゼットの中に隠されたクーラーボックスから、これまで発見されていなかった山際の頭部を見つける。

翔太と黒島を殺すことにした早苗と正志、それに抵抗する翔太と菜奈の争いの末、翔太は怪我をしてしまい入院する。菜奈に会いたい一心で病院を抜け出して部屋に帰ってきた翔太が見たものは、菜奈の遺体だった・・・

 

---------------------------------------

 

以上、これ以上無理!というくらいコンパクトにまとめました。

とにかく登場人物が多くて、紙に書いた名前だとか受け取った紙に書かれていた名前だとか、かなりややこしいw

早苗は山際殺害を否認しており、現時点で実行犯がはっきりしているのは、「あなたの番です」という脅迫文に屈した藤井が「タナカマサオ」を、久住が朝男を殺したことくらいか。

 

ミステリーで定番のパターンとして、「あからさまに怪しい人物は、実はシロ」というのがある。夜な夜な大きな荷物をわざわざ階段で運んでいる佐野(安藤政信)、菜奈という実質的奥さんがいる翔太のことを勝手に恋人扱いしている尾野(奈緒)、何かを隠している様子の西村(和田聰宏)、早苗たちと裏で繋がっていた刑事の神谷(浅香航大)あたりがこれに該当する。

 

逆に、「とてもそんなことをやりそうにない、善良そうに見える人物」が真犯人というパターンが多い。そういう意味では早苗はそうだったし、実際監禁という犯罪行為はしていたのだが、山際殺害は黙秘しており、全ての黒幕というわけではなさそう。

 

澄香は悪い人間ではないように見えるが、佳世のことを良く思っていないことは住民たち全員が知っており、それで佳世を殺した(誰かに殺させた)というのはストレートすぎる。

 

そうなってくると、現時点で最も怪しいのは、黒島沙和(西野七瀬)だろうか。

”いつもどこかを怪我していることから、彼氏にDVを受けていると思われているか弱い女子大生”で、菜奈の推理に協力していたことや、第1章の終盤では早苗に監禁されていたということが、いかにも「そんなことをやりそうにない」と見える人物だからだ。

公式サイト内の西野七瀬のコメントが、各行の1文字目を縦に読むと・・・なんてことからも、現在本命視されている。

また、このドラマの企画・原案が秋元康であることから、彼が乃木坂46で育てた西野に、このドラマで箔をつけさせてやりたいと考えているなんていう可能性もあるかもしれない。(リアルの事情をフィクションの推理に持ち込むのはタブーかもしれないがw)

 

しかし、「じゃあ動機は?」というと、今のところ全くわからない。西野のコメントのことも、もしかしたら視聴者にそう思わせるための罠かもしれない。終わってみたら黒島じゃなくて、「あのコメント? 偶然ですよ(笑)」なんて言われるかも。

 

「主人公が犯人」というパターンもあるけど、菜奈は死んじゃったし、焼死体とかではないので、翔太が別人と見間違える可能性も無いし。じゃあ翔太かっていうと、あれだけラブラブだった菜奈を死なせる理由が無いしな。(そこに裏があって、実は愛してなんかいなかった、という可能性も無いとは言えないが・・・)

 

他の可能性としては、児嶋佳世とか? 見つかった足は佳世のもので間違いないらしいけど、胴体は見つかっていない。もしかしたら、足だけ切断して生きていて黒幕とか? なんて、ホラー方向に振りすぎか。旦那さんとうまくいってなくて病み気味だったところが気になるけどね。

 

 

というわけで、皆さんの予想通り、黒島が黒幕なのか? 

それとも裏の裏をかいて別の人物なのか?

あるいは複数犯なのか?

第2章も目が離せませんね。

(6/23は、翔太と菜奈の出会いを描いた特別編。

 ストーリーの続きは6/30放送分からとなります。)