テレビドラマの話が多いですが、他にアニメ、ゲーム、コンピュータ、格闘技等、様々な話題を取り上げます。

第69回 安田記念

スポンサーリンク

race.netkeiba.com

 

たまには発走前に記事を書いてみましょうか。

って、あのアーモンドアイが出走するというときに書いても、「そんなの当り前だろう」と言われそうですけどw

 

アーモンドアイ本命ということに異を唱える人はほとんどいないでしょうね。新馬戦2着以外負けていない。G1を5連勝中。1600mというところだけ不安視する人もいるかもしれませんが、同じ1600mの桜花賞も勝っていますし、血統的にはむしろ短距離のほうが向いているとも思えるくらいですから。

 

対抗がダノンプレミアムというのも逆らえないところでしょう。お休みが長かったので戦績という意味では見劣りしますが、復帰後はG2を2連勝中。ダービーは6着と負けていますが、距離がこの馬には長すぎたのだと考えれば不安要素にはならないでしょう。

 

人気ではこの2頭が抜けていますが、昨年の安田記念覇者モズアスコット、一昨年のマイルCS1着昨年2着のペルシアンナイト、昨年のマイルCS勝馬ステルヴィオも出ているんですけどね・・・不人気なのはいずれも近走で凡走しているからでしょうね。

ステルヴィオは、3着以内に入れなかったのは、2000mの皐月賞大阪杯、2400mの日本ダービーだけなので、この距離なら期待できるかもしれませんよ?

 

逆に、G1は勝っていないけど赤丸急上昇の馬としては、マイラーズC2着のグァンチャーレ、ダービー卿チャレンジを勝ったフィアーノロマーノなどは穴を開けてくるかもしれませんね。

 

誰が見てもわかる事しか書いていませんがw 発走が近づきましたのでここで一旦記事を上げます。あとで感想を書きますね。

 

--------------------------------------

 

(ここからレース後)

というわけで終わりましたが、勝ったのは4番人気のインディチャンプ。前走マイラーズCは4着と敗れていますが、その前の東京新聞杯を勝っていました。地力はあったということと、スタート直後の問題に巻き込まれなかったこともあるでしょうね。

2着は3番人気のアエロリット。アメリカのペガサスワールドカップは格が違うレースなので度外視するとしても、マイルCS12着、直前のヴィクトリアマイルも5着ではあまり期待できないかなと思ったのですが・・・1枠2番ということで逃げるにはもってこいの枠順だったし、スローペースになっちゃいましたから、勝ってもおかしくなくらいの走りっぷりでしたね。

スタート直後に、12番ロードクエストから、 13番ペルシアンナイト、14番アーモンドアイ、15番ダノンプレミアムまでの進路が狭くなったということがアナウンスされましたが、問題ないということでそのまま確定。特にペルシアンナイトとダノンプレミアムは躓きかけくらいの様子を見せていましたので、アーモンドアイも多少影響を受けたかもしれませんね。それでも、クビ差、ハナ差の3着まで追い上げてきたのですから流石というほかありません。

そして、ダノンプレミアム。川田ジョッキーがレース直後に下馬していたのが心配ですね・・・

 

アーモンドアイは、2400mはギリギリ、体質的なことも考慮して、凱旋門賞は諦めたという報道もありますが、今日のテレビ放送では全くなくなったような言い方はしていませんでしたね。実際はどうなるのでしょうか。天皇賞(秋)を目指すなら日程的に無理だと思うけど、いずれにしても11月はジャパンカップではなくマイルCSを選ぶのでしょうか?

db.netkeiba.com

 

6/3追記

後でパトロールビデオ映像を見ると、ロジクライ武豊)の斜行がひどい・・・

biz-journal.jp

武の弁明によると、馬自体が物見をして斜行してしまったということなのだが、結果的に武は騎乗停止。しかしロジクライ自体は失格というわけでもなく、何より影響を受けた馬たちの順位が上がるわけではない。アーモンドアイもこれがなければ勝っていた可能性が高いのに・・・

後味の悪い結果となってしまいましたが、こういうことがあるのも”レース”ですかね・・・