テレビドラマの話が多いですが、他にアニメ、ゲーム、コンピュータ、格闘技等、様々な話題を取り上げます。

映画『コンフィデンスマンJP』

スポンサーリンク

confidenceman-movie.com

 

毎月1日は「ハッピーファースト」といって、イオンシネマで全映画が1100円になるのだそうです。つい最近知りましたw

そこで、さっそく今日行ってきました。いくつか観たいと思う映画があったのだけど、『賭ケグルイ』は最寄りのイオンシネマではやっていませんでした。『キングダム』も興味があったけど、一段落してしまったのか、遅い時間に2回しか上映がなかったので、今回は『コンフィデンスマンJP』を観ることにしました。

 

基になったテレビドラマは2018年春に放送。悪い奴らを騙して大金を巻き上げる詐欺師3人組のお話。と言っても、毎回仕掛けにお金をかけすぎて、大した利益が出なかったり、回によっては赤字だったりw

ボクちゃん(東出昌大)が「赤字とか、何のためにやったのかわかんねぇよ。俺はもう抜ける!」と言って部屋を飛び出していくが、結局ダー子(長澤まさみ)に言いくるめられて戻ってくるのがほぼ毎回のパターン。

この劇場版では、テレビ版の第1話「ゴッドファーザー編」でダー子たちに20億円取られた経済ヤクザの赤星(江口洋介)や第3話「美術商編」のターゲット・城ケ崎(石黒賢)、「家族篇」に出ていた矢島理花(佐津川愛美)やカップル詐欺師のギンタ・ギンコらも登場し、懐かしさを感じさせてくれます。

 

今回は、ダー子を騙そうとして近づいてきたが見抜かれてしまったモナコ織田梨沙)を弟子として仲間に加え、香港マフィアの女帝ラン・リウ(竹内結子)を狙うが、そこにダー子のかつての恋人?ジェシー三浦春馬)が割って入る。

ジェシーの妨害も退け、作戦が上手くいったと思ったところでダー子が、

 「あんたたち、まんまと騙されたわね!」

と言い放つ。その視線の先には、ボクちゃん、リチャード(小日向文世)、モナコ、五十嵐(小手伸也)。

そして、ダー子の隣にはジェシーが・・・・・

 

何がどうなっているのか予測がつかず、最後の最後に種明かしがあるが、「え~~~~~っ! そこから嘘だったの!」と思わずにいられない意外さが面白いです。

 

 

映画公開の翌日5/18には、テレビでスペシャル版も放送されました。

www.fujitv.co.jp

こちらはモナコが最初から仲間になっているので、映画の話よりも後の事になるのでしょうか。

ダー子はターゲットにした闇金業者の阿久津(北村一輝)にギャンブルで持ち金全額巻き上げられ、リチャードは未亡人詐欺の波子(広末涼子)にまんまと騙され、ボクちゃんは悪徳遺品整理会社の社長(中山美穂)からお金を取り返そうとするが失敗し、とうとうこの3人組も万事休すかと思われたが・・・

 

 

今回の映画とSPドラマでいちおう終わりの予定かもしれませんが、もしネタが続くなら「2」も見てみたいと思うくらい面白いです。

 

 

「ハッピーファースト」、お得だなw これからは毎月行こうかな。

現在上映中のものでも『名探偵ピカチュウ』、『空母いぶき』なんかも気になるし、ハリウッド版『ゴジラ』も評判良いみたいだし。

6月21日公開の『ファイナルファンタジーXIV 光のお父さん』、『きみと、波にのれたら』も観たいな・・・

調べてみると、映画ってこんなにたくさんやってるんだと驚きました。