テレビドラマの話が多いですが、他にアニメ、ゲーム、コンピュータ、格闘技等、様々な話題を取り上げます。

第86回 日本ダービー

スポンサーリンク

1頭の馬が一生に一度しか挑めない3歳限定のG1「クラシック競走」。その中でも頂点に位置づけられるのが、本日開催された「日本ダービー」です。

今年は、ここまで無敗で来たサートゥルナーリアが「無敗2冠」を達成するかどうかが注目されました。

db.netkeiba.com

 

これまでに無敗2冠を達成した馬は

 トキノミノル 1951

 コダマ 1960

 シンボリルドルフ 1984

 トウカイテイオー 1991

 ミホノブルボン 1992

 ディープインパクト 2005

の6頭だけとなっております。

(うち、シンボリルドルフディープインパクト三冠馬

 

このサートゥルナーリア(騎手:ダミアン・レーン )に挑む有力馬は、

 

皐月賞2着の ヴェロックス(川田将雅

db.netkeiba.com

 

同3着の ダノンキングリー(戸崎圭太

db.netkeiba.com

 

青葉賞を勝った、リオンリオン(横山武史)

db.netkeiba.com

 

ホープフルSでサートゥルナーリアに次ぐ2着となった、アドマイヤジャスタ(M・デムーロ

db.netkeiba.com

 

 というところでしたが、勝ったのはなんと11番人気のロジャーバローズ(浜中俊

db.netkeiba.com

浜中騎手はダービー初勝利となりました。一流と言われる騎手でもダービーだけは勝てずに引退する人もいる中、悲願達成となりました。おめでとうございます。

 

クビ差の2着にダノンキングリー。3着ヴェロックス。

1着馬も2着馬もディープインパクト産駒。相変わらずの強さですね。

 

サートゥルナーリアは4着。出遅れが響いたか、騎手の乗り替わりが影響したのか、父ロードカナロアということで血統的に2400mはきつかったのか?

秋には凱旋門賞挑戦とも言われていましたが、ここで負けているようでは難しいかな?敗因次第ですが、天皇賞(秋)マイルCSあたりに進むことになるかもしれませんね。

(テレビの解説の方は出遅れがすべてだと仰っていますので、出遅れの原因が乗替であれば、C・ルメールに戻ればもう一度2400mを試せるかもしれませんが。)

 

やはり無敗二冠というのは難しいものなんですね (^-^;)