テレビドラマの話が多いですが、他にアニメ、ゲーム、コンピュータ、格闘技等、様々な話題を取り上げます。

ねんがんの ベルセルクを てにいれたぞ

スポンサーリンク

granbluefantasy.jp

 

今日は『グランブルーファンタジー』のお話。累計ダウンロード数2300万を超えた、人気スマホ用RPGの1つです。

 

 

グランブルーファンタジーのシステム

このゲームでは、最初は主人公はいずれかのジョブになってレベルを上げていくのですが、レベル自体はあっという間に最大の20に達してしまい、でも敵はどんどん強くなるのにどうすんの? ってことですが、

 

このゲームで強さを決める主な要素は、

・主人公が様々なジョブを習得していくことで、他のジョブになっても効果を発揮する「マスターボーナス」

・貯まったポイントを振り分けて強くなる「リミットボーナス」

・主人公以外の3人の「パーティメンバー」

・武器(メインとサブ)

・召喚石(メインとサブ)

といったところがあるのですが、武器と召喚石の組み合わせで効力を発揮したりしなかったりするスキルなど、なんとなく見ているだけではわかりにくい要素がたくさんあります。ある程度はネットで調べたりしないと、自力だけではその辺のシステムを理解することは難しいかもしれません。(うちの甥っ子もタイトルだけ聞いて一瞬興味を持ったようでしたが、小学生ではこのシステムを理解するのは無理でしょうね。最低でも中学生くらいにならないと・・・ 今は『フォートナイト』に夢中になっているようです。)

 

今回はその中で、マスターボーナスを得るために「ベルセルク」というジョブを取得したお話です。

 

新しいジョブを手に入れるには

ジョブにもいろいろあるのですが、今回目指している「ベルセルク」というクラス4のジョブを手に入れるためには、

・JPというポイント

・○○の証

・称号

を揃える必要があります。

JPはなんやかんややっていればそのうち貯まってきますし、証は一部の敵がドロップするものの確率が低いので、実質必要数のほとんどを「栄誉の輝き」との交換で手に入れることになるでしょう。これもHL(ハイレベル)のマルチバトルをやっていればそのうち貯まるでしょう。

 

一番厄介なのが「称号」です。クラス4のジョブを手に入れるためび称号を得るには、

1.ジョブ専用武器を作って、「属性変更」まで進める。

2.「受け継がれる意思」というクエストをクリアする。

という作業が必要になります。

 

銀星の輝き

ジョブ専用武器の作成は、とにかく要求される素材が多くてめんどくさいです。一番苦労したのが「銀星の輝き」でしょうか。入手手段は10種類あるのですが、その中で今の自分が一番やりやすいのは、「調停の翼(ジ・オーダー・グランデ戦)」に救援で入って「蒼の羽根」を集めてそれをショップで交換する方法です。最初これでいこうとしたのですが、3個必要な「銀星の輝き」を得るためには「蒼の羽根」が75個必要なので、途中で心折れましたw

 

次に考えられるのが、「調停の翼」を自発することでした。自発すれば「銀星の輝き」そのものが確定で2個手に入り、さらに確率でもう1個手に入ります。

「だったら最初からそのほうがいいじゃないか」と思ってしまうのですが、「調停の翼」を自発するためには「旧召喚」と言われる敵の「マグナアニマ」が各1個、合計6個必要なので、これはこれで大変だと思ったのです。

しかし実際にやってみると、羽根を75個も集めるよりは、マグナアニマを頑張って集めて「調停の翼」を自発するほうがまだ楽だと思いましたね。「調停の翼」に救援で入ろうと思っても、たまたま開催されているときにタイミングが合わないとできませんからね。銀星の輝きは今後もまだまだ使うので、「調停の翼」が開催されているときには入るようにしながら、並行して旧召喚アニマ集めをやるのが良いのでしょうね。

 

こうして、苦労はしましたがなんとかベルセルク取得のための武器を作り、属性変更までの手順を終えることができました。(属性は土の「アヴェンジャー・トリ」にしました。) 

 

受け継がれる意思

しかし、まだ称号は得られていません。得るためにはもう1つ、「受け継がれる意思」というクエストをクリアする必要があるのです。

なぜか、謎のお婆さんとタイマン勝負をすることになります。パーティメンバーは参加することができず、主人公にとって不利な属性で現れ、そしてめちゃくちゃ強いです。何も考えずに戦ってもまず勝てません。

 

最初、武器に作ったばかりのアヴェンジャー・トリを選択し、メイン召喚石にゴッドガード・ブローディア、他武器や召喚石は土属性のおすすめ編成で挑みましたが、全然ダメでした。

 

そこで、武器は真・三虎斧(天星器、光属性)、EXアビリティは「内功」、メイン召喚石にはレベル40ルシフェル、サブ召喚石は悩みましたが結局は火力重視のおすすめ編成(バハムート2体、ナリタ、メップル&ミップル)で、サポート召喚石にはレベル150のルシフェル、騎空団サポートは無し、という構成に変え再戦しましたが、あと一歩と言うところで倒されました。

そこまで追い込んだ決め手になったのは「サポート召喚石にレベル150のルシフェル」というところだったと思います。火力が大幅に上がるだけではなく、召喚するとHPが回復するので、内功だけでは追いつきそうにないHP回復を大きく補助しました。

 

騎空団サポートは発動させていなかったので、ここでポーション1つでも発動させればそれで行けたと思うのですが、試しにサブ召喚石のメップル&ミップルをサジタリウスに変更することで防御力を強化してみたらどうだろうと考え試したところ、撃破できました。

サジタリウスが効いたのかどうかは正直わかりません。メップル&ミップルのときにあと一歩足りなかったのは、スキルの使用順か、相手の行動決定やダメージのランダム性という運次第のところがあったかもしれません。

 

実は・・・

人によって持っている武器や召喚石が違うので、参考になるかどうかわかりませんが、一例としてこういうのでいけたよ、と書きたかったのです。

実は今日の本題はこれだったのですが、それだけでは不親切かなぁと思って書き足すうちにこんなに長くなってしまいました。このブログで初めて目次を作りましたw

 

さて、また次のクラス4ジョブを取得するために活動しないとな。次はニルヴァーナにしようかな?