テレビドラマの話が多いですが、他にアニメ、ゲーム、コンピュータ、格闘技等、様々な話題を取り上げます。

少年革命家ゆたぼん(不登校ユーチューバー)

スポンサーリンク

不登校ユーチューバー・ゆたぼん、今朝の『スッキリ』で知ったのですが、

  

 

 

生き方に自由はあっていいと思うが、気になる点もいくつかありますね。

1つは、 

 

親には子供に義務教育を受けさせる義務があるので、このままだと親は処罰される可能性もあるとのこと。 「行けない」のと「行かない」のは違いますからね。

 

 

もう1つは、行かなくなったきっかけが「宿題をやらなかったら先生に叩かれた。叩かれたのに先生は叩いていないと言い、叩いた叩いてないで水掛け論になった。」と。

そして、家で勉強はしているのかとのインタビュアーの問いに「書くことだけが勉強じゃない。こうして話をすることも勉強だ。」と。

 

教師の暴力は絶対にいけないが、気になったのはその前の「宿題をやらなかった」という部分と、現在家でいわゆる”学校的な勉強”をしていなさそうな点。

この部分だけ見ると、”学校的な勉強”が嫌で逃げているだけのように見えます。

 

 

「同級生たちが、先生や親の言いなりになるだけのロボットに見えた」と。疑問を持つのも良いことですが、まだまだ子供で大人に教えてもらわないとわからないことも多いんだということ、学校の勉強もある程度は必要なんだということに、どこかで気付かないと、このままでは屁理屈をこねることだけが得意な無教養な大人になってしまいそうです。

 

夢は子供だけのピースボートを作って1000人の子供で世界一周をすることだと。最低限の知識や経験がないと、行く先々で詐欺師に騙されたり、船が難破したりするのだよw

 

周りが「天才だ!」と評価するのはいいのですが、自分で「天才」と言っているところも痛々しい(苦笑)

 

好きなようにやらせてやりたいという親の気持ちは全くわからないわけではありませんが、ちょっと甘すぎると思いますね。

 

追記

今心配しているのは、彼の動画を見た小学生が「僕も勉強したくないから学校行くの止める」と言い出さないかということです。繰り返しますが、「行けない」のと「行かない」のは違いますから。