テレビドラマの話が多いですが、他にアニメ、ゲーム、コンピュータ、格闘技等、様々な話題を取り上げます。

アーモンドアイ、凱旋門賞を回避

スポンサーリンク

biz-journal.jp

 

遠征の負担とか、(オークスジャパンカップを勝ってはいるが)「距離的に2400mは限界ギリギリ」なんてことも言われていますね。確かに血統的にもロードカナロアの仔ですから、2400よく走れたな、親の血統に左右されない突然変異的タイプなのかな、とは思っていたのですが。

 

しかし引用記事にあるように「もう1つの理由は、凱旋門賞に登録しているサートゥルナーリアと主戦騎手のルメールが同じだから」って? 

サートゥルナーリアは「無敗で皐月賞を制した」という点が注目されているけど、その皐月賞の勝ち方ってギリギリだったよ? 真価はダービー走ってみないとわからないんじゃないかな。

 

かつてエルコンドルパサーディープインパクトもオルフェーブルも勝てなかった凱旋門賞をサートゥルナーリアが勝てるとは、”今のところ”思えないですけどね。ダービーでどんな勝ち方をしてくれるか、楽しみにしてましょう。

 

news.netkeiba.com

例年、「菊花賞を勝つ馬が本当に強い馬」という印象があるんだけどな。

サトノダイヤモンドキタサンブラックエピファネイアゴールドシップダンスインザダークマヤノトップガンビワハヤヒデとか。(まあ、そうでもないのもいるかw)

菊花賞を終えてから、「三冠馬凱旋門賞に挑む」なんてことが可能な日程になれば、ディープインパクトやオルフェーブルも3歳時に挑戦することができたかもしれないし、今年のサートゥルナーリアもそうなるかもしれないんだけど、そんな日程に変更することって不可能かな? トライアルが真夏になっちゃうから難しいか。

 

話を戻して、アーモンドアイの凱旋門賞回避が、一番の理由が距離だというならやむを得ないところですね。「今年こそ」と期待していたので残念ですが。

じゃあ、現役馬で他に勝てそうなのいるかっていうと、今のところいませんしねぇ(泣)