テレビドラマの話が多いですが、他にアニメ、ゲーム、コンピュータ、格闘技等、様々な話題を取り上げます。

女子は東大に行っても幸せになれない?

スポンサーリンク

www.huffingtonpost.jp

 

上野名誉教授の祝辞にもあるように、「東京大学の女子学生が入れず、他大学の女子学生のみが加入できる東京大学の男子サークルが半世紀以上続いている」とか、

とあるテレビ番組によると、「東大女子を対象としているサークルだけれども、勧誘のビラを配るときにルックスのランクでビラの色を変えており、赤なら即入部、青は要審査」なんていうこともあったりするとかしないとか。

親戚から「女子が東大なんかに行ったら結婚できないぞ」と言われたとか。

 

必死で勉強して東大に入ったのに、結局「かわいいかどうか」しか見てもらえないというのであれば、日本の男尊女卑はまだまだ根深いのだと感じずにはいられないですね。

 

上野名誉教授はとても有意義な問題提起をしたと、外部にいる私から見たら思えるけど、受験戦争を勝ち抜いてきてやっと一息つこうとした女子新入生としては「また今日から新たな戦いの始まりなの?」と感じたでしょうから、ちょっとかわいそうな気もしますね。

 

 

東大女子の話から逸れるけど、

ja.wikipedia.org

まるで、「農民に生まれたら末代まで農民」という中世社会みたい(苦笑)

自分が中学のときも、高校を卒業したら働くのが当たり前みたいな考えの子が大半で、大学進学を考えている子なんて少数派だったもんな。親もいろいろだろうけど、自分自身が大学に行っていなくて、「我が子もいずれはうちの農業を継ぐのだろう」と考えていたら、子供に大学進学を勧めなくても不思議ではないですものね。

 

「教育格差がさらなる教育格差を生むという負のスパイラル」、止める方法はないもんでしょうかねぇ。

 

 

どんどん話がズレていくけど、こんな記事も興味深かった。

diamond.jp

 

 

東大に行けなかった女の子のお話。

www.tbs.co.jp