テレビドラマの話が多いですが、他にアニメ、ゲーム、コンピュータ、格闘技等、様々な話題を取り上げます。

日向坂46 女性アーティストのデビューシングルとしては歴代最高の初週売り上げ

スポンサーリンク

www.nikkansports.com

 

欅坂46の妹分グループとして発足した「けやき坂46」(通称ひらがなけやき)でしたが、欅坂46よりも先に全国ツアーが決まるなど人気が高まり、この度改称して独立となりました。初日に36万枚を売り上げ、女性アーティストのデビューシングルとしては歴代最高の初週売り上げとなったそうで。楽曲のキャッチーさからも陣営の力の入れようが窺えます。

 

元姉貴分の欅坂46は、アイドルとしては珍しい楽曲とパフォーマンスで注目を浴びましたが、そのパフォーマンスの質の高さがメンバーに無理をさせ過ぎているという懸念や、人気メンバーの長濱ねるが卒業を発表したこともあり、ややブレーキがかかった感じでしょうか?

かつての妹分であった日向坂46はもはやライバル、というか、現時点での瞬間的な勢いは姉さんたちを超えているかもしれませんね。

 

坂道シリーズ長女の乃木坂46は、これまた人気メンバーの生駒、若月、能條、川後、西野らが2018年で卒業し戦力ダウンかと思われましたが、白石、飛鳥、生田など人気の高いメンバーもまだまだ残っていますし、4期生として面白そうな子もたくさん入ってきましたので、今後も安定した人気が続きそうです。

 

AKBグループの中で一番新しい「STU48」は、結成時から発表されていた劇場船がようやく完成して、26日から試運転が始まったとのこと。

 

バトルの勝敗でメンバーを決定してきた「ラストアイドル」、声優アイドルグループとして発足した「22/7(ナナブンノニジュウニ)」など、秋元康プロデュースで代表的なものだけでもこれだけあり、他ではももいろクローバーZやモーニング娘。'19もまだまだ現役。

「ご当地」や「地下」なんていうのも含めると、日本にアイドルってどれだけいるのでしょうか? 応援したいという人たちの”需要”と、アイドルになりたいという人たちの”供給”、どちらも減退する気配が見えませんね。

これだけ活気がある中で、NGT48問題がどれだけ影響するのか、しないのか。アイドル業界、これからどうなっていくのでしょうか。

 

おっと話がそれましたが、日向坂46すげえぞ、という話題でした。

 

 

 

www.shinnosuke2011.work