テレビドラマの話が多いですが、他にアニメ、ゲーム、コンピュータ、格闘技等、様々な話題を取り上げます。

『メゾン・ド・ポリス』と『スキャンダル専門弁護士QUEEN』

スポンサーリンク

『メゾン・ド・ポリス』と『スキャンダル専門弁護士QUEEN』も放送終了しました。

 

www.tbs.co.jp

 

www.fujitv.co.jp

 

この2つのドラマに共通するのは、「最後の最後まで、誰が本当の味方か敵かわからない」ところですね。こういうの面白いですね。ドキドキハラハラしますw

毎回、単発の事件を解決しながら物語の本筋が少しずつ見えてきて、最終回前話で本格的になり、最終話で結末が描かれるという流れです。

 

『メゾン~』は、最終回前話で分断されてしまったチームひよこの面々が、最終回ではさらに追い詰められ、ひより(高畑充希)が殺される寸前までいきます。ここでひよりが「最後に教えてほしい」と言って、黒幕である野間(佐野史郎)に殺人の自白をさせます。「ありがとう」と言うひよりに対し「なあに、冥土の土産だよ」と余裕の野間。しかしそこに、敵側だと思われていた人物が助っ人として登場。チームひよこの逆転勝利、といった具合。

 

QUEEN』は、主人公・氷見(竹内結子)の同僚の与田(水川あさみ)が氷見を選挙違反の罪に問い、政治家や記者らとともに氷見を追い詰めます。捏造された証拠まで叩きつけられ四面楚歌、万事休すかと思いきや・・・全てをひっくり返す痛快な大逆転劇が展開されます。

 

2つとも、放送前の期待どおりかそれ以上に楽しめましたね。『メゾン~』が中の上、『QUEEN』が中の中くらいでしょうか。

牧野ひよりは(ドラマで見る限りは)いたって普通の女性刑事ですので、そこに高畑充希を使うのはちょっともったいない気もしましたがね。

QUEEN』は、○ay○ayのセキュリティ問題など、最新の時事ネタをあからさまにぶっこんで来たところも面白かったですね。