テレビドラマの話が多いですが、他にアニメ、ゲーム、コンピュータ、格闘技等、様々な話題を取り上げます。

孤高の英雄

スポンサーリンク

www.nikkei.com

自分自身が「もっと良い成績を残したい」という欲求以上に、唯一の日本出身横綱として期待されているという重圧の大きさ、それは他の誰にも想像もできないようなものであったのでしょう。

北斗の拳が好きだったということで、ラオウの「一片の悔いなし」という言葉は最後にどうしても言いたかったのでしょうが、限界まで戦ってくれた姿は、ラオウ以上の”孤高の英雄”だったのではないでしょうか。本当にお疲れさまでした。